加計呂麻島旅行・観光に行ってきました!カップル・家族におすすめの観光スポット

加計呂麻島

奄美大島の南にある加計呂麻島という島があります。

とても海がキレイで海と山の自然に囲まれた島です。

ということで奄美大島に行ったので二日目は加計呂麻に行きました。

まずは加計呂麻島の情報を紹介したいと思います。

加計呂麻島への移動手段

奄美大島からは「古仁屋」というところからフェリーが出ています。
ちなみにフェリーは車でも渡ることができます。

http://www.town.setouchi.lg.jp/kotsu.html

車で渡るときはしっかり予約しておきましょう。
あと加計呂麻島にもレンタカーはあります。
人だけわたって加計呂麻でレンタカーを借りても良いかもしれません。

そして、加計呂麻島には「瀬相」と「生間」の二か所に泊まります。
北側が瀬相で南側が生間です。

加計呂麻島の移動方法としては

  • バス
  • レンタル自転車
  • 徒歩

ということになります。

一周するという方なら車ですね。

いくところが決まっているという方ならバスでも良いですが意外にバスの運賃は高いのでレンタカーを借りたほうがいいかもしれません。

レンタル自転車もあって電動付きなので山道が多い加計呂麻島でも移動しやすいです。
港の近くを移動するということであればレンタルサイクルで良いと思います。

フェリーの本数は少ないのでしっかりチェックしておきましょう。

では私も回ってみいました。
私はレンタカーを奄美大島の古仁屋においてフェリーに乗って向こうのバスに乗りました。

バスと言ってもワゴンとかですね。
運転手さんは何でもやみたいな感じで集落に新聞みたいなものも届けていました。

意外に運賃が高いのでレンタカーがいいかもですね。

加計呂麻島観光

いくつか観光地はあります。

  • 実久海岸(さねくかいがん)
  • 徳浜海岸
  • 芝海岸
  • 諸鈍デイゴ並木
  • スリ浜
  • 須子茂海岸
  • 於斉のガジュマル
  • 武名のガジュマル
  • 嘉入の滝
  • タカテルポイント
  • 震洋隊基地跡地

といろいろあります。

まあ目的は加計呂麻島の最北端の実久海岸(さねくかいがん)です。
写真で見るととても海がキレイでした。

ただ、台風の影響がまだ残っているようなのであまりきれいな海は期待できないと思いながらも行ってみました。

砂浜から撮ると光の加減で青くは見えませんが角度を変えると結構青いです。

あとは集落?ですかね独特な感じですね。

海とか入ってビーチで遊びたい人には良いですね。

ということで僕は少し砂浜でとか散策して一旦港へ戻りました。

あと

レンタルサイクルでツーリング

フェリー乗り場で電動付き自転車を借りて近場をツーリングしました。

まずは加計呂麻の観光スポットの一つの於斉のガジュマルを見に行きました。

大きいです。
映画の「男はつらいよ」の撮影地の看板がありました。

次に行こうとしているところが「タカテルポイント」という絶景ポイントがあります。
そこへ行く途中海辺を自転車でサイクリングです。

最高です!

そして、自転車を止めて少し地元の人とお話をしたりしていざ絶景ポイントのタカテルポイントへ

途中はさすがに電動付き自転車とはいえ結構ツライです。
ちなみに先日の台風の影響で道に石とか結構転がっていて車は通っていないような感じです。

途中野生のヤギも見ることができました!
自然満喫です。

タカテルポイント

そしてタカテルポイントに到着!
そこにはブランコがあるということでしたが実際行ってみるとありませんでした。

景色は

やっぱり台風の影響は出ているし天気もすごくいいわけではなかったのでまずまずですね。

帰りは楽です。
下り坂も自転車で降りていきます。

途中で蜜を吸っているちょうちょがいたり自然を満喫しました!

あとは港へ戻ってフェリーが来るのを待ちます。

そして、フェリー加計呂麻で奄美大島本島へ

一日半日でも楽しめるのかなと思います。
一日自然の中でゆっくりしたいという方にもいいですね。

やっぱり海と山の大自然が加計呂麻のいいところです。
ぜひ天気のいい日に着たいところです。

また奄美大島に戻ってドライブしました。

せっかく奄美大島に行ったなら加計呂麻島にも行ってみて

ほんとに自然そのままでインフラなんて全然整っていないし、すごい自然です!

まず海がきれい!

僕の時は台風の後だったんですけどそれでもかなりキレイでした。
これが台風とかでなかったら相当きれいだと思います。

僕も沖縄本島、石垣島、海外の南の島にいろいろ行きましたけどもしかしたら一番海がきれいかも!っていうレベルです。

奄美大島でいろいろ観光して一日加計呂麻島っていうのはいいと思いますね。

その場合はおそらくレンタカーが必要だと思いますのでレンタカーに関しても詳しく紹介しているのでよかったら参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました